スポンサードリンク


空き家でよくある残置物の処分について

空き家に多い残置物の処分の方法や処分費用などを解説します。

 

自分でできるだけ安く処分する方法や、いろんな業者で処分した時の手間や費用などをまとめてみました。

 

各残置物ごとに

 

  • そのまま放置しておいても問題ないのか?
  • 早めに処分したほうが良いのか?
  • より安く処分するにはどうしたら良いのか?

 

などをまとめています。

 

空き家のよくある残置物を安く処分する方法まとめ記事一覧

空き家に置いてある電気製品や家具などを処分しようとしても費用がかかるため、処分をためらってしまう人もいます。特にエアコンは、家電製品の中でも「家電リサイクル法」で適切な処分を義務付けられているためどうしても処分費用を負担しなければならないのです。でも、ちょっとした手間をかけるだけで、エアコンの処分は意外なぐらい安価で済ませることができる場合もあります。空き家にエアコンを放置するとカビの原因になる空...

空き家の中に使わない冷蔵庫が残っている場合、新し目の冷蔵庫なら誰かにあげたり、どこかで使う気にもなるでしょうが、古い冷蔵庫だとそうはいきません。いずれ使うかもしれないと、しばらく使わずに放置しておく場合は冷蔵庫の中は空にしないと腐ったり、害虫が発生したり大変なことになりかねません。実際、空き家の冷蔵庫は無理に処分する必要はありませんが、価値のある冷蔵庫だと売却することも出来るので、早めに処分するこ...

空き家にはかつて使っていた給湯器やエコキュートがそのまま備え付けてある場合が多いですが、処分すべきかどうか迷うところです。実際、給湯器やエコキュートの中に水が残っていない場合や通電していない場合は処分しなくてもそのまま置きっぱなしのままで問題はありません。それでも、程度がよく性能もいい給湯器やエコキュートの場合は、移設して自宅で使用するなど様々な活用方法があることも事実です。しかし、再利用できなそ...

空き家にある仏壇の扱いに困っている人は多く、いざ処分しようとしてもその方法がわからないという方がほとんどです。実際、空き家にある使わない仏壇は放置したままでも問題はありません。特に遺影や位牌がある場合は放置すると罰が当たるとは思いがちですが、あくまで個人の心情的な話であって実はそこまで問題はありません。仏壇は移動できないまでも、せめて位牌や遺影だけは自分の家に持ち帰って祭っておこうと考えるのもいい...

ピアノは、自分の家に置き場が取れないことや、持ってきたとしても演奏していると周辺の住宅に騒音になってしまわないかと不安になるなどが要因となって、空き家に放置したままになっていることも多いです。空き家にピアノを放置していると、湿気がピアノの木材にたまってピアノの音がくるってしまい正しい音を出せなくなってしまいますし、たまった湿気がカビの原因になって空き家内の悪臭の原因になってしまいます。実際、空き家...

空き家にあるカーポートを処分するかどうかは、現状がどうなっているかを確認してから判断しましょう。カーポートは使用年数などによっては耐久性が相当悪化している場合もあるので、修理ではなく処分せざるを得ない状態になっていることもあります。例えば、カーポートの屋根が破損していたり支柱がさび付いていて強風や地震などで倒壊する危険性がある場合は速やかに対処が必要です。具体的な確認方法としては、屋根材が劣化して...

スポンサードリンク