スポンサードリンク


空き家の売却のまとめ記事一覧

dummy

空き家を処分する際に手間がかかるのは、置いてある家財道具や植木等の処分です。この手間を軽減できる方法が、家財道具や植木等をそのままの状態にして売却する「現状渡し」と呼ばれる方法です。現状渡しは売り主と買い主が同意すればスピーディーに空き家を売却できる方法ですが、メリットとデメリットもそれぞれあるので検討のうえ行われることをお勧めします。

管理を持て余していた空き家を何とか売却できてほっとしていたのに、その後購入者との間にトラブルが生じるケースがあります。売却前にお互い立ち会って確認したにもかかわらず、その後空き家を引き渡した後に瑕疵の部分が見つかったり、居住していてわずかな期間でインフラが故障するなどして、売主と買い主の間でトラブルが発生することは意外と多いものです。買い主から「そんなはずじゃなかった!」「お金を返せ!」と言われて...

空き家の売却を試みても、なかなか買い手がつかない場合が最近多くなりました。そもそも空き家自体が増加していることもありますが、買い手側が様々な条件を提示してくることも多くなっており、特に住宅の耐久性や耐震性を重視してくる買い手も多くなっています。空き家を売りたい方には、空き家の耐久性や耐震性を明示するために「ホームインスペクション(住宅診断)」を行うことをぜひお勧めします。そもそもホームインスペクシ...

空き家を売却しようとしても、すでに買値がつかないぐらい劣化してしまっていれば上モノの価値はありません。基本的に木造の不動産の上モノの価値は耐用年数が22年なので、それ以上経っているとほとんど価値はないと思った方が良いでしょう。空き家を売るには「タイミング」が大事です。何となく検討しいている程度だと、ズルズルと月日だけが過ぎてしまい、あっという間に年数が経ち、売るタイミングを逃してしまう方が多いので...

空き家を売却するにあたって、あなたに考えてもらいたいことは「空き家の売却価格がどのように決まるか」という基本的なことです。どの程度の知識を得ておくべきかといえば、不動産業者の言い値に対してそのまま言いなりにならないだけの知識を身に着けておくことが必要不可欠です。また、自分自身がどの程度の価格で空き家を売りたいかという「目安」を持っているかいないかで売却時の交渉も相手の言いなりにならずに進めることが...

dummy

瑕疵担保責任とは、売却した不動産に瑕疵(かし)があった場合、売り主があらゆる責任をもたなくてはならないことを意味します。ここで言う瑕疵とは、不動産に生じていた見えない欠陥や不具合のことです。実際に空き家を売却するにあたっては、見えている欠陥や不具合は売り主から買い主に伝えられているはずですが、売り主にも知らなかった欠陥があった時、はじめて瑕疵担保責任を問われることになります。瑕疵担保責任は生じてい...

親が亡くなったり施設に入所したことなどをきっかけに、空き家の管理を行うようになったものの、時間や費用をかけて管理を行うことが難しい場合もあります。管理を持て余すようになってしまった空き家は、最終的に売却することも検討することになりますが、不動産の素人である私たちは法律に沿った空き家売却の方法や手続きなどを知りません。空き家売却の方法や手続きは、一般的には不動産屋や行政書士などの有資格者に依頼して行...

空き家のある土地を売るとき、空き家をそのままつけて売るか解体して更地にして売る、2つの選択肢が考えられます。現状では「空き家の程度次第では家屋付きの方が高く売れる」というのが実情といえます。今はやりの間取りや設備が整っている空き家であれば当然買い手もつきやすいですから高く売れる場合も多いのですが、耐震基準を満たしていない空き家などは管理に手がかかることもあり買い手がつかないこともあります。実際のと...

スポンサードリンク