空き家管理の達人【アキタツ】

トップ

 

このサイトは便利屋を運営して、数々の空き家管理を任された中で培った経験をもとに作られています。空き家を持ったら知っておくべきことをわかりやすくまとめているので、あなたのお悩みも解決できる案があるはずです。

 

資産である空き家を老後のためにとっておきたいという方、売却して収益を得たいという方など様々な目的があるでしょう。空き家を放置するのではなく、あなたにあった管理方法、活用方法など少しでも空き家管理のお役に立てればと思います。

 

このサイトでは「管理」「税金」「トラブル」「インフラ対応」「活用(賃貸など」「売却」「処分」「譲渡」などの項目にわけて、難しい部分をできるだけわかりやすく解説しています。

 

 

お悩み解決ページリセット

【管理・防犯】空き家の管理を継続していく

平成26年に空き家をお持ちの方に国土交通省がアンケートを行ったデータがあります。

 

平成 26 年空家実態調査 調査結果の概要(PDF)

 

こちらを見てみると、「業者に委託していると答えた方」は全体の3.6%と低く、「委託するつもりはない」と答えた方は77%にのぼります。

 

委託している方の空き家と自宅の距離を調べてみると、距離が遠いほど「委託している」または「委託を検討している」という回答が増えています。車・電車で3時間超える方や、日帰りが不可能な方は業者への委託を検討してみる目安としてもよいかもしれません。

 

実際に委託している場合の管理サービスの内容

戸締りの確認、住宅の換気・清掃、水廻りの点検、郵便物の整理・処分、外回りの清掃(除草・剪定など)、台風・地震などの後の見回りなど

 

実際に委託している場合の料金の内容が気になりますが、月額1,000〜10,000円程度と回答された方が多く、依頼した項目は「外回りの清掃(除草・剪定など)」が最も多いようです。

 

空き家を丸投げで管理してもらう時の管理業者はどこが良いのか?月にいくらかかる?

 

管理

 

既に自分は別の場所に住居を持っているので、当面実家が空き家になってもだれかが住むことはなく、将来的にも空き家をどう活用するかも決まっていない状態でとりあえず周囲に迷惑をかけないように維持管理だけはしておこう、と考える人も多いのが現実です。

 

最近では、このような世の中の状況を踏まえて、空き家を管理することを専門とする業者が生まれているほか、空き家管理を新たなサービスとして提供するようになった業者も多く存在しています。

 

空き家を丸投げで管理してもらうことを想定して、管理してもらう業者の選び方について紹介します。

 

空き家の管理業者や管理費用についてはこちら>>

 

実家の空き家の税金が上がってしまう「特定空き家」にしないためにできる対策

 

税金

 

最近、荒れ放題の隣家に困っている人が出たり、ホームレスが住み着いたりすることで、「空き家」が大きな社会問題になっています。

 

国は、2015年に「空き家対策特別措置法」が施行し、市区町村は適正な管理がなされていない空き家を「特定空き家」に指定できるようになりました。

 

これは、空き家の適正な維持管理を持ち主に対して行わせる、法律的なプレッシャーといえます。

 

実際、空き家になっている場所は、その時点では使用する用途がなく、その後も利用するかどうか分からない「あいまい」な建物となっていることが多いのですが、家屋として管理している以上、固定資産税も課税されます。

 

この固定資産税も、特定空き家に指定されてしまうと、税免除がなされなくなるので、ますます負担が増えてしまいます。

 

今回は特定空き家の指定をされないようにするために、どんな対策が必要か、具体的に紹介します。

 

空き家の税金についての情報はこちら>>

 

空き家の防犯対策『自分でやる』『セキュリティサービスに依頼する』

 

昨今、日本国中で空き家の件数が増加しているご時世、空き家をターゲットとしたセキュリティサービスを提供する警備会社が増加しています。

 

それぞれの警備会社では、ホームセキュリティを提供するだけではなく、空き家の清掃や定期的な巡回など、様々な付加サービスを提供して、ユーザーのニーズに対応しようとしています。

 

自分で防犯対策を行うこともできますが、空き家から住んでいる場所が遠い時や、忙しくて頻繁にいくことができない場合は警備会社へ委託するという事も可能です。

 

ホームセキュリティサービスや自分でできるおすすめの防犯対策の情報はこちら>>

【売却・活用・解体】空き家の管理をやめたい場合

空き家の管理が、正直言ってめんどくさくなってしまうこともあるでしょう。

 

いつまで管理しても終わりが見えないし、自分たちがやがて実家に帰ってきて住もうとする頃には、既に住めるような状態になっていないかもしれません。

 

かといって、解体してもいいのだけれど、その費用を支出するのがめんどくさくもあり、結局空き家とは縁が切れないまま、出費だけが続くことにもなりかねません。

 

実際、空き家の管理がこれ以上できない場合や、めんどくさくなった場合には、どのような対処方法があるのでしょうか?

 

ここでは、「売却」「貸し出す」そして、ご近所に迷惑がかからないように「解体する」という手段を解説します。

 

売却する

売却

 

建物の価値がまだまだ見込める時や、建物に価値が無くとも土地に価値があると見込まれる場合は、売却することを考えてもいいでしょう。

 

土地や建物を売却する時は、所有権の登記をこなすこともでき、販売ネットワークを有している不動産屋に依頼するのが一番です。

 

実際、大手の不動産屋になると自前でポータルサイトを運営しているので、空き家を探している人に自分の物件が見つけてもらいやすいので、意外と簡単に買い手が見つかることもあり得ます。

 

空き家の売買については、国も積極的に売買を進めようとしていて、2018年1月1日以降、仲介手数料の上限額が18万円にアップしました。今なら、不動産屋も喜んで仲介をしてくれる時代になっているのです。

 

空き家の売却についてはこちらの記事をまとめました>>

 

活用する【賃貸・駐車場・倉庫など】

 

賃貸

 

空き家の活用方法として、やがて自分が帰省して暮らすなど、将来的に自分の持家として活用する予定があるならば、それまでの間「貸し出す」ことも考えてみましょう。

 

空き家を維持管理する費用を払うことを思えば、安くてもいいから誰かに貸して住んでもらっておく方が、家賃収入もあるし、空き家の管理もしなくて済むし、とにかくメリットしかないのです。

 

借り手を探したい時も、家を売る時と同様に、不動産屋にお願いして借り手を探してもらうのが一般的な方法です。

 

関連記事:期間限定で空き家を賃貸物件にすることは出来る?空き家を貸し出す前に知っておくべきこと

 

近年増えているのが、家を解体して駐車場経営をしたり、倉庫や物置として活用するという方法です。

 

その他の活用例

駐車場

倉庫

民泊

 

解体する

 

解体

 

人に貸せるほど程度のいい空き家でなかったり、むしろいつ壊れてもおかしくないほど劣化した空き家の場合は、解体する方が管理上は楽になるかもしれません。

 

特に最近では空き家が社会問題になっていることもあり、自治体によっては条例などで定める「空き家」の条件を満たす建物の解体を行う場合には、自治体から補助金を交付してくれる制度も生まれています。

 

空き家解体の補助金制度は、空き家の問題がクローズアップされることで、さまざまな自治体で同種の制度を設けるようになりました。

 

もし、空き家の解体をする検討を始めるなら、空き家がある自治体の補助金情報を確認して、活用できる場合はぜひこれの制度を利用しましょう。

 

関連記事:空き家の解体にかかる期間や費用は?【坪数ごとに解説】

【処分・譲渡】空き家が売れない場合

売れない空き家を処分する

 

田舎の空き家と言えども、不動産として価値があるので売れないという事はありません。しかし、田舎の空き家がほしいと思っている方に向けた情報を出すなど、買い手が魅力的に感じるように空き家を売りに出すことが必要不可欠です。

 

田舎の空き家を購入したいと考えている人
  • 田舎暮らしを希望する都会からの移住者
  • アトリエや工房などとして利用したい人
  • など

 

買い手がつかない場合は、自治体や町内会、企業やNPO法人に寄付することもできる場合もあります。様々な面から考えてどう空き家をどう処分するかを考えていくことが必要です。最終的には

 

関連記事:無料でも売れない田舎の空き家を処分・解体・寄付する方法

 

売れない空き家を譲渡する

 

空き家が売れないということで、最終手段として無償譲渡という方法もあります。譲渡するのであれば、今の空き家の価値を再確認して、登記手数料などの負担は相互の協議で決めるなど取り決めをはっきりさせておくことをおすすめします。

 

空き家を無償譲渡することのメリット
  • 固定資産税などがかからなくなる
  • 空き家の維持管理経費が不要になる
  • 相続税がかからなくなる場合もある
  • 地域に貢献できる

 

空き家の維持管理をしていくことに限界を感じているのであれば、所有権を移転するための必要な手続きと費用は確認しましょう。手続きは場合によって司法書士に依頼して行うこともありますから、この時の報酬も費用には含めて考えましょう。

 

関連記事:空き家あげます!無償譲渡する際に知っておくべき4つのこと

 

 

 

【トラブル】よくあるトラブルについて

トラブル

 

住宅の空き家率は過去最高の13.6%(2019年公開版)ということで、地域によって差はありますが、空き家で悩んでいる方が全国的に増えています。

 

国土交通省が作った、「空家等対策の推進に関する特別措置法の概要」というPDFを見てみると、急に空き家管理を任されてしまって、どうしたらいいのか分からないという方がとても多いようです。

 

「物置として必要だから」、「仏壇など捨てられないものがあるから」、「解体費用をかけたくないから」、このような理由で放置されてしまっている空き家もあり、放置している間に劣化が進み地域の方たちに迷惑をかけているというケースもあります。

 

所有する土地を利用していない理由として、「相続したが、今のところ利用する予定がないため」という方が最も多いようです。相続・贈与で取得したけれど予定がないという方は、このサイトをご覧になっている方も多いのではないでしょうか?

 

今お住まいの地域と、保有することになる空き家が離れている場合、思うように話が進まず何度も足をはこぶことになる場合もあります。空き家を保有しているあなたにとって、最も頭を悩ませているものはなんでしょうか?まず、1つづつ悩みを解決していきましょう。

 

空き家が原因で起こる隣人とのトラブル

 

放置された空き家が近隣の住民に迷惑をかけている事例がたくさんあります。空き家は放置されると傷んでいき、地震や台風などでと倒壊の恐れも。樹木や雑草が増えすぎた庭では、害虫や野良猫などの影響も出やすいく、地域の方が困っているのです。

 

されに、地域の景観への悪影響と共に、不審者の侵入や放火、ごみの不法投棄などの心配も高まることに。こういった空き家が増えているため、空き家対策特別措置法も作られました。

 

空き家の管理が大変だからといって放置されているようであれば、空き家放置トラブルで損害賠償請求されないために知っておくべきことを確認しておくことをおすすめします。そして、これから家を相続する可能性があるという方は、なるべく早く情報を集めておくことをおすすめします。

 

放置された空き家が原因で被害が出たら?|損害賠償請求されないために

 

空き家が劣化してトラブル

 

人がいない空き家は劣化していきます。そのため、久々に家に来てみると、悪臭がしたり、畳から虫がわいていたり・・・。

 

さらに、家の外で雑草が伸びすぎていたり、木が茂って隣の家に入ってしまうようなことが起こってしまうと近隣住民に迷惑をかけることになってしまいます。トラブルになる前に、自分でできることは行い、無理な部分に関しては業者に依頼するようにしましょう。

 

空き家の庭や雑草はどのように管理すべきか
空き家の排水溝から悪臭がする。点検や清掃などの管理にかかる費用の相場とは?

 

害虫・害獣でトラブル

 

空き家の管理が悪く、害虫や害獣などによるトラブルがあった時の対策や予防するためのノウハウをまとめました。

 

「羽アリ・シロアリ、ゴキブリ、ネズミ、野良猫・野良犬、ハト、カラス、その他の動物」などの被害があった場合に参考にしてください。

 

害虫・害獣のトラブルについて詳しい情報はこちら>>

【空き家の水道・電気・ガス】

トラブル

 

普通の一軒家の水道代はいくらくらい?

 

実家が空き家になり当面住む予定がない場合、気になるのは空き家の維持費です。空き家を維持管理する中でも「電気」と同じくらい大事な水道の契約はどのようにするのが一番良いでしょうか?

 

今回は、実家を相続した人が直面する「水道の契約や空き家にした場合の水道代」や、「適切な空き家の水道の維持管理の方法」について、知っておいて欲しいことを紹介します。

 

空き家の水道契約について詳しい情報はこちら>>

 

普通の一軒家の空き家の電気代はいくらくらい?

 

実家を相続しても、当面住む予定がない場合、気になるのは空き家の維持費です。特に、空き家を維持管理する中で最も必要と思われる「電気」の契約は、どのようにするのが一番適切なのでしょうか?

 

今回は、実家を相続した人が直面する「電気の契約や空き家にした場合の電気代」について、知っておくべきことを紹介します。

 

空き家の電気契約について詳しい情報はこちら>>

 

普通の一軒家の空き家のガス代はいくらくらい?

 

親が亡くなったりして、急に空き家の管理が必要になった場合、インフラの維持管理をどうするべきかの決断を迫られます。

 

特にガスは、温水を作ったり、調理をするため、地域によっては「ガスヒーポン」を導入して、家じゅうの冷暖房システムを動かす燃料になっていることがあります。

 

空き家でガスをどうしておくのがいいのか、悩んでしまうことがあります。そもそも、空き家において、ガスの契約を継続しておくべきなのでしょうか?

 

今回は、空き家のガスの契約について、その継続についてさまざまな視野で確認してみます。

 

空き家のガスについて詳しい情報はこちら>>

【NHKの料金・町内会費】

 

空き家あてにNHK受信料の請求書。支払わなくても大丈夫?

 

NHKの受信料と言えば、「払う」「払わない」でさまざまなトラブルが起きていて、ネット上でも情報がにぎわっています。多分にもれず、空き家の場合もNHK受信料に関わるトラブルが多くなっています。

 

特に空き家の場合は、住んでいた両親が亡くなったり、両親が老人ホームなどの施設に入所したため「急に空き家になった」こともあるので、後を託された子どもたちには、NHK受信料のことまで気が回らないこともあり、トラブルに巻き込まれてしまうこともしばしばあります。

 

そこで、空き家とNHK受信料との関係について、ぜひ知っておいていただきたいことをご紹介します。

 

空き家のNHKの受信料につてい詳しい情報はこちら>>

 

空き家の自治会費、町内会費はどうする?

 

住んでいない空き家の自治会費や町内会費は法的には任意なので払う義務はありません。

 

空き家の場合は誰も住んでいないので会費を払っても行事に協力できない旨を伝えておくと、無理に加入を勧められることはありません。

 

空き家になって住んでいないのに町内会費を請求された時の対応や、一般常識として空き家の町内会費は払うべきなのか?などを解説します。

 

空き家の自治会費、町内会費についての詳しい情報はこちら

 

 

空き家管理業者を比較してみた

近年、空き家が増えていることについて調査してみると、人口減少や核家族化で、親世代の家を子どもが引き継がないというところが背景にあるようです。

 

空き家管理を委託したいと思っても、「どこに依頼すればいいか分からない」という方は実際多いようです。空き家管理をお願いすれば、空き家でお悩みのご家族の負担は減ります。

 

空き家管理を委託している方は、「空き家での心配事が減る」と答えているので、見回りと報告だけでもお願いするというのも一つの手です。

 

リブネスの空き家管理サービス

 

大和ハウスグループの大和ライフネクストがALSOK(警備会社)と業務提携を行い、空き家の点検や管理作業を行うサービスです。空き家の様子は月に一度メールで報告書をお届け、また、不動産活用の相談も受け付けてもらえます。

 

  • 機械による24時間監視体制
  • 有人巡回(塀・外壁などの確認)、通水、ポスト整理、通風・換気、庭の確認など

 

戸建てプラン 月額10,000円/60分
マンションプラン 月額9,000円/40分
三井のリハウス「空家・空地巡回サービス」

 

一戸建て・マンション・土地を月に1回巡回確認して状況を報告するサービスです。巡回確認時に、通気・換気・通水等を行い、建物の劣化防止のサービスをお願いできます。

 

  • 2つのプランから選べる
  • シンプルプランはカギは預けずに見回りをお願いしたい方向け

 

基本プラン 月額7,650円

雨漏り・カビの確認、通気・換気、通水、郵便物の確認、メンテナンスチェック、清掃、庭木の確認、報告書

シンプルプラン 月額5,400円

メンテナンスチェック、清掃、庭木の確認、報告書

セコムホームセキュリティ

 

セコムのホームセキュリティサービスは窓・扉周りの防犯センサーや火災センサーなどを取り付けるため、センサーの購入かレンタルを選ぶことが必要です。家の侵入や火災などが起こった場合はすぐに感知し、セコムが駆けつけます。

 

  • 機械による24時間監視体制
  • オプションで様々な管理サービスを付けることが可能

 

セキュリティの料金にプラスして、ポストの投函物の回収(+3,000円)や、通気・通水・ポスト投函物の回収(+8,000円)などセコム・ホームサービスの申し込みの依頼もできます。

 

戸建てプラン

(機械のレンタル)月額6,800円/初期工事58,000円
(機械の買取)月額4,500円/初期費用427,300円

マンションプラン

(機械のレンタル)月額4,300円/初期工事43,000円
(機械の買取)月額3,000円/初期費用152,500円

NPO法人空家・空地管理センター

 

今後住む予定があるという方かた、最終的には売却したいという方や、解体したいという方など様々な依頼者の目的に合わせたプランがあります。オプションメニューが豊富で掃除や草取りなどはもちろん、管理センターの看板を設置したり、クレームの対応などもお願いすることができます。

 

  • 月2回の「しっかり管理」という巡回プランがある
  • 掃除や草刈りなどのオプションメニューが付けれる

 

しっかり管理 月額7,500円/巡回数月2回
100円管理

巡回数1回100円
目視チェック、クレームの一時対応、巡回報告書、管理会社の看板を設置
※初期費用として3,800円かかります

ニチイの『長期留守宅管理サービス』

 

介護業界のニチイが転勤や施設入居などで長期間留守になる空き家を管理するサービスを行っています。お住まいの地域によって価格が変わりますが、様々なサービスを組み合わせて週1〜月1回と回数も選ぶことができます。

 

  • 週1回・月1回以上の定期プランで料金が設定されている
  • 延長料金も30分ごと(1,320円〜)あり念入りに掃除をお願いすることも可能

 

基本料金(1回1時間あたり。以降は延長料金となります)

定期プラン

(週1回以上)

2,860円〜3,960円

※サービス提供エリアで料金が変わります。

定期プラン

(月1回以上)

3,630円〜4,620円

※サービス提供エリアで料金が変わります。

便利屋ファミリー『空家・空地・建物管理』

 

便利屋ファミリーは全国チェーンの便利屋さんです。空家・空地管理はもちろん、アパートの管理など様々な依頼にこたえてもらえます。長期入院の時の管理から、退院後の家事手伝い・病院の付き添い・訪問サービスなど空き家管理だけではなく様々なことでも利用できるので、実家の様子が心配という方はメリットが多いようです。

 

  • お部屋の掃除や庭の掃除はもちろん、様々なメニューが利用できる
  • 料金は基本料金にオプションが追加されるスタイル

 

空家・空地管理 2,500円〜
アパート管理 2,500円〜

空き家に関するお役立ちサイト

空き家情報|ニッポン移住・交流ナビ JOIN
住まいに関わる物件情報を全国各地から集めました。あなたに合った住まいを探してみよう!というサイトです。

 

空き家ゲートウェイ
日本中の「100均空き家物件」を網羅し、活用方法を創造するプラットフォーム

 

空き家の庭木の剪定・伐採は全国造園業空き家問題対策協会へ
近年増加しつつある「空家」について、造園業の立場から解決の一助となるべく、全国の造園業の有志が集まり設立した協会だそうです。

 

土地活用の一括プラン請求サイトHOME4U
「手にした不動産をどうしたらいいか分からない」といった、悩める不動産オーナー様に日常使いができる情報サイトです。

 

平成 26 年空家実態調査 調査結果の概要(PDF)
平成26年に空き家をお持ちの方に国土交通省がアンケートを行ったデータです。

 

スポンサードリンク