【全国無料】まずは簡単オンライン査定



更新日:2019/02/17

空き家管理の達人【アキタツ】

このサイトは「空き家管理の達人」通称アキタツが 空き家を持ったら知っておくべきことをわかりやすくまとめました。

 

最近では国や行政も空き家対策には力を入れており、空き家の購入や解体に補助金を出すところも少なくありません。

 

もし、今後誰も住むことがない場合はが確定している場合は、空き家を管理維持するのにお金をかけるよりも、解体する選択肢も考えた方がよいでしょう。

 

もちろん、地域などのよりますが、補助金などを利用することで解体する方がメリットが多くなることもあります。

 

金銭的な面だけでなく、心理的な面も考慮したほうがよいでしょう。

 

このサイトでは「管理」「税金」「トラブル」「インフラ対応」「活用(賃貸など」「売却」「処分」「譲渡」などの項目にわけて、難しい部分をできるだけわかりやすく解説しています。

 

少しでも空き家管理のお役に立てればと思います。

 

空き家は放っておくと負債に変わる

 

空き家は放っておくとトラブルが起こりやすくなります。トラブルにならないために管理をしっかり維持していくためにはお金がけっこうかかります。

 

空き家管理は維持費がかかりますが、管理しないで放っておくと、いざ売却する、リフォームする、住もうとする時にかなりの費用がかかることになります。

 

空き家管理を適正にしておくメリット

 

  • 粗大ごみを捨てられたりなど近隣に迷惑にならないで済む
  • 帰省した時に、1日中掃除や草むしり、庭木の伐採に費やさないで済む
  • 台風や大雨、大きな地震の後の心配事が減る
  • 野良猫や蜂の巣、害虫、害獣などを住みつくのを防止できる
  • 子供や親族にできるだけ迷惑をかけないで済む
  • 管理されていることがわかるのでトラブルに巻き込まれない

空き家の劣化が早い6つの理由と劣化を防ぐ対策

今までだれかが住んでいた家が、急に空き家になったとたん、家屋の劣化が激しくなって倒壊の危険性を生じたりして、その結果隣接の民家に悪影響を及ぼすようなケースが年々増加しています。

 

そもそも、家は誰かが暮らしていることで、日々の手入れが行き届くこともあり、劣化も最小限に食い止められるものですが、家人であった両親が急に亡くなったり、老人ホームに入所するようなことで、いきなり空き家になってしまうことも最近では多くなっているようです。

 

急に空き家の管理を任された子どもは将来的には自分が実家に帰って住むようになることや、売却したり貸したりして利益を得ることを考えると、空き家を出来る限り価値のある状態で維持しておきたい気持ちも出てくると思います。

 

今回は、空き家にした場合に家の劣化が早まってしまう6つの原因と、その原因ごとに劣化を防ぐための具体的な対策を解説します。

 

>>詳しくはこちら

インフラ【水道・電気・ガス】

普通の一軒家の水道代はいくらくらい?

実家が空き家になり当面住む予定がない場合、気になるのは空き家の維持費です。空き家を維持管理する中でも「電気」と同じくらい大事な水道の契約はどのようにするのが一番良いでしょうか?

 

今回は、実家を相続した人が直面する「水道の契約や空き家にした場合の水道代」や、「適切な空き家の水道の維持管理の方法」について、知っておいて欲しいことを紹介します。

 

>>詳しくはこちら

 

普通の一軒家の空き家の電気代はいくらくらい?

実家を相続しても、当面住む予定がない場合、気になるのは空き家の維持費です。特に、空き家を維持管理する中で最も必要と思われる「電気」の契約は、どのようにするのが一番適切なのでしょうか?

 

今回は、実家を相続した人が直面する「電気の契約や空き家にした場合の電気代」について、知っておくべきことを紹介します。

 

>>詳しくはこちら

 

普通の一軒家の空き家のガス代はいくらくらい?

親が亡くなったりして、急に空き家の管理が必要になった場合、インフラの維持管理をどうするべきかの決断を迫られます。

 

特にガスは、温水を作ったり、調理をするため、地域によっては「ガスヒーポン」を導入して、家じゅうの冷暖房システムを動かす燃料になっていることがあります。

 

空き家でガスをどうしておくのがいいのか、悩んでしまうことがあります。そもそも、空き家において、ガスの契約を継続しておくべきなのでしょうか?

 

今回は、空き家のガスの契約について、その継続についてさまざまな視野で確認してみます。

 

>>詳しくはこちら

空き家のトラブルはこれだけある!害虫・害獣編

空き家の管理が悪く、害虫や害獣などによるトラブルがあった時の対策や予防するためのノウハウをまとめました。

 

「羽アリ・シロアリ、ゴキブリ、ネズミ、野良猫・野良犬、ハト、カラス、その他の動物」などの被害があった場合に参考にしてください。

 

>>詳しくはこちら

 

空き家にハチの巣ができてしまった時の対処方法とは?

ハチと言っても、さまざまな種類のハチがいるので、なんでもかんでも「大丈夫だろう」と考えるのは危険です。

 

この章では、刺されると危険なハチの性質と対処方法について紹介します。

 

>>詳しくはこちら

その他のトラブル

空き家あてにNHK受信料の請求書。支払わなくても大丈夫?

NHKの受信料と言えば、「払う」「払わない」でさまざまなトラブルが起きていて、ネット上でも情報がにぎわっています。多分にもれず、空き家の場合もNHK受信料に関わるトラブルが多くなっています。

 

特に空き家の場合は、住んでいた両親が亡くなったり、両親が老人ホームなどの施設に入所したため「急に空き家になった」こともあるので、後を託された子どもたちには、NHK受信料のことまで気が回らないこともあり、トラブルに巻き込まれてしまうこともしばしばあります。

 

そこで、空き家とNHK受信料との関係について、ぜひ知っておいていただきたいことをご紹介します。

 

>>詳しくはこちら

管理全般

空き家を丸投げで管理してもらう時の管理業者はどこが良いのか?月にいくらかかる?

実家の両親が亡くなるなどして、急に空き家の管理が必要になってくるケースが、年々増加しています。

 

既に自分は別の場所に住居を持っているので、当面実家が空き家になってもだれかが住むことはなく、将来的にも空き家をどう活用するかも決まっていない状態でとりあえず周囲に迷惑をかけないように維持管理だけはしておこう、と考える人も多いのが現実です。

 

最近では、このような世の中の状況を踏まえて、空き家を管理することを専門とする業者が生まれているほか、空き家管理を新たなサービスとして提供するようになった業者も多く存在しています。

 

今回は、空き家を丸投げで管理してもらうことを想定して、管理してもらう業者の選び方について紹介します。

 

>>詳しくはこちら

 

実家の空き家の税金が上がってしまう「特定空き家」にしないためにできる対策

最近、荒れ放題の隣家に困っている人が出たり、ホームレスが住み着いたりすることで、「空き家」が大きな社会問題になっています。

 

国は、2015年に「空き家対策特別措置法」が施行し、市区町村は適正な管理がなされていない空き家を「特定空き家」に指定できるようになりました。

 

これは、空き家の適正な維持管理を持ち主に対して行わせる、法律的なプレッシャーといえます。

 

実際、空き家になっている場所は、その時点では使用する用途がなく、その後も利用するかどうか分からない「あいまい」な建物となっていることが多いのですが、家屋として管理している以上、固定資産税も課税されます。

 

この固定資産税も、特定空き家に指定されてしまうと、税免除がなされなくなるので、ますます負担が増えてしまいます。

 

今回は特定空き家の指定をされないようにするために、どんな対策が必要か、具体的に紹介します。

 

>>詳しくはこちら

 

スポンサードリンク